素敵な結婚式を計画しよう|格安料金でも思い出を残せる式になる

2人の関係を個性的に表現

婦人

結婚式などで準備されるウェルカムボードは、似顔絵を絵にするタイプが人気となっています。これはプロの絵描きに依頼することで、2人の特徴をしっかりつかんで描いてくれます。絵描きにも絵のタッチに特徴があるため、どの絵が好みかを選んで依頼しなければいけません。

もっと読む

様々なウェディング

女の人

結婚式のパターンには様々なものがあります。一般的なのは、ホテルで行うものですが、海外で挙式をする場合やレストランウェディング等もあります。レストランでする場合には会費制が多いので、気兼ねなく参加することができます。

もっと読む

男性の招待客も楽しめる

ウェディング

ブロッコリーを使用した男性向けブーケプルズのことを、ブロッコリープルズといいます。ブロッコリーにリボンを巻き、当選した人がこれをもらえます。日本ではまだ知られていないガータートスも、男性向けの結婚式の演出です。

もっと読む

安く済ませる方法

ウェディング

良い場所を見つける

地域によって差がありますが、結婚式の平均的な費用は300万円と言われています。しかし、一般的にこの額を安いと言うことはできません。その後海外に新婚旅行に行くとなると、さらに加算されて費用は莫大になります。結婚式で最もお金がかかるのは式場なので、少しでも安く済ませたいのであれば、安い式場を選ぶことが要です。格安はそれなりに粗末という先入観がありますが、国内には安く見えない素敵な式場もたくさんあります。良い場所を見つけるまでにかなりの労力がいりますが、結婚式は人生で何回もあるものではなく一生に1度のことです。労力を惜しまずに、時間をたっぷりかければ格安でも素晴らしい式場を見つける可能性が高くなります。

高く見えるものを選ぶ

結婚式を格安に済ましたいのであれば、できる範囲手作りすることがおすすめです。ウェルカムボードや席札、コースのメニューなど自作するとぐんと費用を抑えられます。ケチると考えると気が進みませんが、賢く節約すると考えればどんどん案が生まれてきます。しかし、あまりにも質素なコースメニューではゲストのテンションが下がってしまうおそれもあります。そうならないためにゲストのためにお料理を奮発して、衣装やブーケ、デコレーションを格安にしてメリハリをつけるべきです。第1にゲスト、その次に新郎新婦と考えればゲストのテンションを下げることなく結婚式は成功します。見た目は高く見えるが実は安いものを選ぶこと、これがすべてです。